無料
エロ
動画

エッチな体験記

人には絶対言えない性癖を赤裸々に公開してしまうブログです。発展サウナや温泉、ビーチに出没しています。 旧「ノンケの発展場通い」

|      | 次のページ →

人気のパイパン娘- マ○コがよ〜く見えるように、マ○毛を剃刀でジョリジョリされちゃう素人娘たち(*ノェノ)キャ


菊池 紗也
年齢:20歳/身長: 154cm
サイズ B87:W60:H85

初体験がコンクリートの上?凄い性体験を持つ紗也ちゃん。可愛らしい顔で恥ずかしがりますが、喘ぎ声は大きい淫乱娘!?


長谷川 えみ
年齢:23歳/身長:166cm
サイズ B98:W64:H90

純白下着を愛用するえみちゃん!ローターを押しあてと愛液を垂らしながら恥ずかしそうに一人エッチをしちゃいます。


萩原 ゆり
年齢:23歳/身長: 156cm
サイズ B84:W59:H84

Dカップのおっとり系ゆりちゃん。でもでも彼氏以外の男とも時々やっちゃう淫乱娘!かわいい喘ぎ声もかなりそそります!


柳原 理沙
年齢:21歳/身長:168cm
サイズ B83:W50:H84

SMにも興味があるという理沙ちゃんがボンテージ恥ずかしそうに登場!小さなピンクマ○コも初めから糸引いてます!

【パイパン中出し娘一覧は、こちら】

初撮り生姦中出し SAMURAI PORN Vol.11

タイトル: 初撮り生姦中出し SAMURAI PORN Vol.11
出演者: 小泉いずみ
ジャンル: AV'女優
抜き度: ★★★★
モデル級に背の高いいずみちゃんは、スレンダーな体に似合わず巨乳の持ち主!長いチンポが口いっぱいに入るほど、見事なフェラテクの持ち主!チンポを舌の先でちろちろ、そして自分の乳首にも舌を這わせることができるんです〜〜!そんないずみちゃんのおマンコはというと、丁度良い毛の生え方そしていて、剃っているわけでもないのに、マンコがはっきりくっきり見えるくらいの薄毛!ビラビラも小さめで可愛いんです。それなのに、上のお口と同じくらい欲張りなおマンコは、バイブもずっぽりと飲み込んでずぼずぼ、ばふっ!!!!!といやらしい音を立てながら欲張るのです。ぱっくり開いたブラックホール並みのおマンコに生チンぶち込んで、中だし放題しましょう!!
  1. 2006/10/28(土) |
  2. その他|
  3. トラックバック:1 |
  4. コメント:0

忘れられない

ユリのことを忘れようと思っても忘れられない。
未だにユリが夢に出てくる。
なら、ユリとのことを物語してしまえ。そうすれば忘れられなくても単なる物語だったんだからと自分の気持ちが整理できる...とこれを書き始めた。
でも、逆効果だった。
う〜ん。どうしよう...前より症状がひどくなってしまった...
もう、やめようかな。

ユリと付き合っているとき、特に就職してからはあんな失敗もした。こんな失敗もした。反省..
でもユリのことをちゃんと考えてあげれなかったことが一番悔やまれる。

2年目の冬。
ユリがセミロングから巻き巻きパーマのショートカットに変えていたのを見てボクは呆然とした。
女が髪を切る時は、気持ちにけじめをつける時...そう、とっさに悟ったが
ボクは認めたくなかった。
認めたくないが故にボクは平静を装い続けたが、頭は真っ白になっていた。
この日、ユリから辛い言葉を聞かされて、この日のボクは最悪の一日だった。
そしてお別れの手紙...涙...
内容は辛すぎるので書けません..


でも、ユリ。あのうわさは本当じゃないよ。
絶対に!

「私は恋人じゃない...私はえっちゃんにとって愛人なんでしょ!」

この言葉が一番辛かった。


結婚を約束して安心してしまったのがいけなかった。
あ〜! もっとユリのことを考えてあげれば良かった。
悔やんでも悔やみきれない。


喫茶店でバイトして、私目当てで喫茶店のお客さんが増えたのよって自慢してたユリちゃん。
あの時、くっきりとした水着の跡がとっても色っぽかったユリちゃん。
オセロが強かったユリちゃん。
映画館で観た映画の怖いシーンでキャッと叫んで手を強く握ってきた
ユリちゃん。
正座した時の姿勢がすごく綺麗だったユリちゃん。
私って子供が産めない体かも..と悲しそうに言ったユリちゃん。
ボクに大恋愛と大失恋を経験させてくれたユリちゃん。

さ・よ・な・ら

今でも好きだよ。大好きだ。
ユリちゃんはボクにとって永遠の恋人だよ。
ユリのことを忘れようと思って随分と無茶なことをしてきたけど、
これを機会にもう止めよう。
どうせ忘れられないんだから。


end



  1. 2006/10/27(金) |
  2. 女性体験|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ユリ:妊娠覚悟で中出し

2年目の冬。この頃のボクはユリのことをちゃんと考えてやれないでいた。
性に合わない仕事で毎日が辛く自分のことしか考えられなくなっていたんだ。
ユリには身勝手態度ばかり取っていたような気がする。

ユリがボクの誕生日にプレゼントしてくれたネクタイ。
柄がボクの趣味じゃなかったので次のデートで締めてこなかった。
ユリは当然、不満に思う。

「普通、してくるもんでしょう。信じられない!」

はっと気が付き取り返しの付かないことをしてしまったと思った。
あんなに誠実で可愛く愛しいユリちゃんなのに..大事にしなくちゃいけないのに...ボクってどうかしてる。

ユリが寂しそうな目で見ている。
このままではユリを失うのではないかという不安と焦燥感でボクはユリをベッドに押し倒し抱きしめた。

「ごめん...」

ユリはずぅ〜と黙っている。
ボクの気持ちを何かしら考えあぐねているようだった。

とにかく抱き合って気持ちをほぐそうとボクはユリの服を脱がし全裸で抱き合った。ユリはされるがまま。
挿入した。
そこは今までに感じたことがないくらい、とても暖かく気持ちが良かった...
ボクは激しく腰を動かしやがて絶頂を迎える。
普段なら射精寸前に抜くんだけど、この日は感情が不安定で、結婚するんだからもう妊娠してもいいやと、やけくそ気味で中出し。

ユリは唖然として言った。

「今日は危険日なのに..妊娠したらどうしよう」

ボクは言った。

「妊娠しても構わない」

ユリは沈黙したまま...どうやらボクの言葉の意味を考えているふうだった。

そしホテルを出る間際になってポツリと言った。

「妊娠してもいいって言ってくれたの...嬉しかった...私を愛してくれてたんだって思った」

この時、ボクはユリの言葉の裏側にあるものが理解できず、ああ、ユリはまだボクのものなんだなと思った。


...結局、妊娠はしなかった。
  1. 2006/10/20(金) |
  2. 女性体験|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ユリ:お風呂で

ユリといっしょにお風呂に入った。
ボクのマンションのお風呂は狭い。
ユリと湯船に浸かるには狭すぎるので、お互い膝を立てた状態で向き
合わなきゃならない。
これじゃあ、キスも何もできないのでユリに反対向きになるように言った。

ボクの開いた脚のところへユリが入り込む。ペニスがユリの腰辺りに押し付けられ、すごくエッチな感じがする。
ユリが首を反らしながら後ろを向き、キスを求めてきた。
普段と違うシチュエーションにボクは興奮し熱いキスを返した。

ペニスを挿入しようと、ユリの腰を浮かせたがユリはアソコにお湯が
中に入らないかと心配する。

「え〜?お湯が入らない?大丈夫かなあ」

大丈夫だよといい加減なことをいうボク。

「いやあ、やっぱり怖いもん。止めとく」

「じゃあ、外で入れてからお風呂に浸かろうか」

ボクはペニスをユリのアソコにあてがいゆっくりと挿入。
そして二人でお湯に浸かった。
湯船が狭いので自由に動けないがボクは動ける範囲で腰を上下前後に動かした。

「やめて、お湯が入るから。バイキンが入ったら怖いもん」

ユリはそう言って立ち上がり湯船から出ようとした。
ボクはとっさにユリの腰を押さえつけペニスを挿入した。

「え〜!また入れるのぉ?」

ペニスを挿入されたユリはやがて立っていられなくなり、洗い場の床に手を着き喘ぎ始めた。
この体位はユリにとってきっと屈辱的なんだろうなと思いつつも快感に身を任せるボク。
ユリは喘ぎながらもその表情に何となく悲しみが滲んで見えた。
にしてもユリの美しい曲線を描くクビレは素晴らしくエッチ。

「うっ、ぁあ」
やがて絶頂に達したボクは、白濁色の液体をユリの背中に飛ばし果てた。

またまたやってしまった。ユリちゃんはお姫様なのに。
ユリちゃん、ゴメン。
可愛過ぎるから苛めたくなるのかなぁ..

ユリをもっと大事にしなくてはと思いながらも、ユリの性的な魅力に惑わされとりつかれたようにセックスばかりしてしまうボク...。
ユリはどう思っているんだろうか。

ユリがボクを見る目も以前と違ってそっけなくなってきたような気がする...
頭ではわかっていても止められない...

坂本優 ロケットおっぱい カリビアンコム
カリビアンコム
[無修正サンプル動画]

坂本優

ロケットおっぱい


サンプル動画ダウンロード サンプル動画はこちら!



脚を思いっきり開かせカメラにドアップのマングリクンニで頬をピンクに染めてアクメに達する優ちゃん、かわいいです。十分に気持ちよくしてもらった後はお返しタイム!無邪気にチ○コを口にほおばる姿はまだ大人になりきれていない雰囲気をかもしだしています。玉袋まで丁寧に舐めあげ、正常位で挿入!優ちゃんのロケットオッパイが揺れる揺れる。ロケットにザーメンたっぷり出して

>続きはこちら!



坂本優 カリビアンコム坂本優 カリビアンコム坂本優 カリビアンコム坂本優 カリビアンコム坂本優 カリビアンコム
  1. 2006/10/18(水) |
  2. 女性体験|
  3. トラックバック:1 |
  4. コメント:0

ユリ:秋風

上司に彼女はいるのか? なら早く結婚したほうがいいぞと言われた。
でもまだまだ早いと思っていた。
しかしこの忠告は聞いておくべきだった。

ユリと結婚を約束して安心してしまったんだろう。ボクはユリを以前のように大事にしなくなっていた。
ユリはとても魅力的な女性なので男性からの誘いも多い。
しばしば、こんな誘いがあったのよという話をユリから聞かされた。
ボクはユリの話を聞いて、ああその男性は可哀想だな。ユリにはボクがいるのにと得意になっていたんだ。
でもそれは何故、えっちゃんは私のことを大事にしてくれないの?というメッセージだったんだろう。
ボクはそれに気が付かなかった。

慣れない仕事に追われ精神的にきつかったがユリの存在がボクを癒し元気付けてくれていた。
なのにボクは、ユリのことをちゃんと考えてやれなかった。
卒業したら婚約を発表しようと言いながらほったらかしにしてたし...。

それにボク達は友人知人から祝福を受けるような仲ではなかったので二人の仲を裂こうとする噂が立ちやすかった。
ユリは噂のことをボクには黙っていたが苦しんでいたのに違いなかった。
  1. 2006/10/17(火) |
  2. 女性体験|
  3. トラックバック:1 |
  4. コメント:0

ユリ:悪いことしようとしたでしょう

疲れているのだろうか。ユリが眠ってしまった。
ボクのベッドで全裸にタオルケット一枚で寝ている姿を見てボクは愛しく感じた。
このまま暫く寝かせてあげよう。

ユリを見つめながら思った。
そろそろ婚約発表しなくちゃいけないなあ。でもこの会社でちゃんとやっていけるという自信がついてからでいいかな..両親に打ち明けるのも気恥ずかしいし。
結婚って、まだまだ実感が湧かない。(これが良くなかった)

ユリが寝返りを打ち仰向けになった。
タオルケットが少しはだけ、陰毛が見えている。
これは参ったな。セクシー過ぎるよユリは。

急にイタズラ心が湧き上がってきた。
過ぎたイタズラかもしれないが、とにかく実行しようと思った。
それはハサミでユリの陰毛を少しだけカットしボクの宝物にすることだった。
で、できればパイパンに..さすがにこれは無理か..

そろそろと気付かれないように近づいていく。
ユリは気が付かない。
ボクはハサミ(小さな裁縫ハサミ)を開いた。左手で数本の陰毛を掴む。

その途端、ユリの目が開いた。
ボクは大急ぎでハサミを隠す。

「えっちゃん。何か悪いことしようとしたでしょう」

「ううん、何にも」

「いいや、絶対何かしようとしてた」

バレタ!バレタ!バレタ!
ユリは信じられないといった顔つきでこっちを睨みながら下着を着け始めた。


残念だけど陰毛カット作戦は未遂に終わってしまった。
う〜ん。そんなに怒るなよ。
お姉ちゃんと2人暮しなので、こんなことされたら困るんだって...

  1. 2006/10/16(月) |
  2. 女性体験|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ユリ:ユリのマンションで

9月。3連休で大阪に戻ったボクはユリのマンションに遊びに行った。
お姉さんがいないので今日は泊まりだ。

夜、ボクが先に寝ているとベッドにもぐりこんで来たユリがボクの右腕を腕枕にし、寄り添うように抱きついてきた。
なんて可愛いんだろう。

「ねえ、触ってもいい?」
ユリが耳元で囁く。

「うん」

ユリは右手でボクのペニスを弄りながら右足をボクの脚に絡ませてきた。

「あれぇ?もう大きくなってる」

「ユリがセクシーだからだよ」

「そんな言い方、いやぁ」

ユリは自分の体がエッチだとか色っぽいとか言われるのが嫌いみたい。

ユリの髪がボクの鼻をくすぐっている。何とも言えない良い匂いだ。
ユリはボクのふくろや根元、内腿を優しく撫でるようにタッチしてくる。
ボクのペニスはピクッ、ピクッと鼓動を始めた。

「えっちゃんの..動いてる..ホント生き物みたいね」

ユリはそう言ってペニスを握り、手コキを始めた。
ユリの小さな可愛い手がボクのペニスを手コキしているのかと思うとすごく興奮する。

「う〜ん..気持ちいい..」

ユリが先走りでヌルヌルになった亀頭をペニスを握ったまま親指で擦り始めた。指が直接、尿道口に触れるので電撃を受けたような刺激がある。

「あっ..うっ..」

たまらなくなり思わず声が出てしまう。
その内、我慢できなくなってボクはタオルケットを跳ね除けユリに抱きついた。
熱い抱擁とキスを繰り返しユリの存在を確かめる。
こんな娘といっしょになれるなんて夢見たいだ。
ボクはユリの体の感触や体温、息遣いを感じながら幸せを感じていた。

ユリが突然、言った。

「ねえ、まだ婚約発表しないの?」

「やっぱり、お父さんのところへいかなくちゃいけないんだよね。なんか怖いような」

ボクはユリと絶対いっしょになりたかったので反対されたらどうしようって考えてしまう。

「えっちゃんの両親はどうなの?」

「それとなく匂わしてあるし、写真も見せてあるからスンナリ行くと思うよ」

「そう、良かった..」
  1. 2006/10/15(日) |
  2. 女性体験|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ユリ:くびれに欲情

今日はユリが東京まで来てくれた。
久し振りの生ユリにボクは大感激。いつみても魅力的だ。
最近はますます小悪魔度を上げてきている。

マンションのドアを開けるやいなやボクはユリに熱いキスをし、そのままベッドへ。
久し振りのセックスのあと、ユリが下着を身に着けようとベッドに腰掛けた。
それを後ろから見ていたボクはユリの超セクシーなくびれを見て再び欲情。
ユリの肩からヒップへのラインは芸術的な曲線だよ〜!

ボクはユリを再びベッドに押し戻した。

「もう、強引ねえ」

ユリは癒し系の甘い声で呆れたように、だが優しく呟いた。
ボクはユリをうつ伏せにしバックから挿入。

「こんな体位じゃあ、入らないよぉ」とユリは言ったが挿入成功。

ボクはユリの弾力性のあるヒップを感じながら腰を動かした。

「あぁ..あん.ぁ..う.」
「どうしてこんなに気持ちいいんでしょ」
「いくぅ...ぁああ!..」

ユリは即効で逝ってしまった。
ユリにはこの体位がツボだったようだ。

2ラウンド目が終わったあと、ボクは隣の部屋に冷たいものを取りに行った。
そして戻ってきたとき、ユリの格好を見てまたまた欲情!
ユリが毛布を掛けずに全裸でうつ伏せになり、少し脚を開いていたのだ。
アソコが思いっきり見えてる...
う〜ん。恥かしくないのか? 
2ラウンド目の余韻がまだ続いているんだろうか。

ボクはベッドに腰掛けユリの髪から肩、ヒップを隅々まで優しく撫ぜてあげた。
ユリはしばらく気持ち良さそうに目を閉じたままじっとしていたが、やがて仰向けになり、両手をボクに差し出し抱いてというポーズをとった。

河村 涼子「29才 美形の若奥様」
河村 涼子「29才 美形の若奥様」
エッチな0930
[無修正サンプル動画]

河村 涼子 

29才 美形の若奥様


もっと見たい方はこちら! もっと見たい方はこちら! >>
 期間限定!お早めに!

最近主婦仲間で流行っているという出会い系でGETした涼子さん。今は専業主婦で男性と出会い機会がなく、ムラムラしているご様子です。エッチが大好きという淫乱奥様です。

>続きはこちら!



河村 涼子  エッチな0930河村 涼子  エッチな0930河村 涼子  エッチな0930河村 涼子  エッチな0930河村 涼子  エッチな0930

  1. 2006/10/14(土) |
  2. 女性体験|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
|      | 次のページ →
09 | 2006/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
close