無料
エロ
動画

エッチな体験記

人には絶対言えない性癖を赤裸々に公開してしまうブログです。発展サウナや温泉、ビーチに出没しています。 旧「ノンケの発展場通い」

|      | 次のページ →

人気のパイパン娘- マ○コがよ〜く見えるように、マ○毛を剃刀でジョリジョリされちゃう素人娘たち(*ノェノ)キャ


菊池 紗也
年齢:20歳/身長: 154cm
サイズ B87:W60:H85

初体験がコンクリートの上?凄い性体験を持つ紗也ちゃん。可愛らしい顔で恥ずかしがりますが、喘ぎ声は大きい淫乱娘!?


長谷川 えみ
年齢:23歳/身長:166cm
サイズ B98:W64:H90

純白下着を愛用するえみちゃん!ローターを押しあてと愛液を垂らしながら恥ずかしそうに一人エッチをしちゃいます。


萩原 ゆり
年齢:23歳/身長: 156cm
サイズ B84:W59:H84

Dカップのおっとり系ゆりちゃん。でもでも彼氏以外の男とも時々やっちゃう淫乱娘!かわいい喘ぎ声もかなりそそります!


柳原 理沙
年齢:21歳/身長:168cm
サイズ B83:W50:H84

SMにも興味があるという理沙ちゃんがボンテージ恥ずかしそうに登場!小さなピンクマ○コも初めから糸引いてます!

【パイパン中出し娘一覧は、こちら】

OLに連続中出し HD

タイトル: OLに連続中出し HD
出演者: 水沢舞
ジャンル: AV'女優
抜き度: ★★★★★
こんなにエロいOLが貴方のオフィスにいたら・・・。仕事が全くテにつかなそうな激しくフェロモンむんむんお姉さま。その芳しい匂いの漂う微熟女を過激にハメる!アナルもマンコもOKな卑猥なOLに3P中出し三昧だ〜!まずはオフィスでフェラチオ要求する上司。この舞さん、舌使いが最高!ほっぺたを吸い込み、きゅっきゅっとチンポにしゃぶりつきます。手コキしながらじゅるじゅると音をたてて2本のチンポを行ったりきたり。ぷっくりした唇がまたさらにいやらしさ倍増!あまりのテクに速攻イってしまいそうです!ガチガチのチンポをバキュームフェラ、お口にたっぷりザーメンをもらって嬉しそうな舞さん。さらなるセクハラの嵐に喜んで答える舞さん、フェラ抜き、足コキ、ロータープレイ、アナルとマンコに指入れ、さらに3Pで過激ファック!アナルにおマンコをいれられ、生でマンコにチンポを突き立てられ、締め付けられるぐちょぐちょのおマンコを堪能。お尻をつきだし、肉棒をぐぐぐぐっと奥まで刺しこみピストン運動するとその美しいお顔を乱してもだえまくる!2穴にチンポを差し込まれ、マンコとアナルの壁が擦れるほどに卑猥に喘ぐお姉さま。「いっぱいついてぇ〜〜!」とおねだり何度も衝天する舞さんの膣内にたっぷり中出し同時イき!!
この商品を見た人はこんな商品も見ています
  1. 2006/07/30(日) |
  2. その他|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ユリとの出会い?

それから何度か、ユリと夜の短いデートというか話し合いを重ねたが結論は出ずじまい。
そしてある日、ボクが所属する部活のクラブハウスでこんな話が...

後輩A「ユリちゃんって可愛いよなあ」
後輩B「おいおい、手を出すなよ。ユリちゃんはオレのもんだからな」
同輩C「よくいうよ。お前なんか相手にされないだろっ」
後輩B「先輩、それはないっすよ。今度、告白しようと思ってるのに」
後輩A「マジ?まあ駄目元でやってみろよ。結果、教えろよ(笑)」
後輩B「でも、ユリちゃんってホント、妖精みたいだよなあ。ユリちゃんが
    う○こするところなんて想像できないよ」
同輩C「ほんとだよなあ。おいB、駄目だったらオレが告白するからな。どうせ駄目だろうけど」
後輩B「やめてよぉ」

ボクはこんな会話をクラブハウスの端っこで、げげっ!と思いながらも、ユリはオレのもんだぜえ、知らないだろうみたいな気分で得意になって聞いていた。
そしてその数日後。

同輩C(後輩Bに向かって)「おい、B。お前、告白したんだってな」
後輩B「ちえっ、もう聞かれたんですか...ショック」
同輩D「見事、玉砕だってな」
後輩B「もう、止めてくださいよ。すっごいショックなんだから」

オレはクラブハウスでの会話のことは言わずにユリに聞いてみた。
「後輩Bから告白されてんだって。本当?」

「何で知ってるの?」

「うん、ちょっと..」

「あっ、うん。怖かったあ」
「この前、ライブがあったでしょう。あの時、開演前にお手洗いに行ったの。そうしたら知らない間に途中まで着いて来られててイキナリ声を掛けられたの。で、ボクと付き合ってもらえませんか?なんだもん。周りには誰もいないしB君の顔が真剣でとっても怖かったし...。私、どうしようかと思った」

「ふ〜ん。で、どう言ったの?」

「怖かったからまともに顔が見れなくて...下を向いたままゴメンナサイって。でも、しつこいの。そのたびにゴメンナサイ、ゴメンナサイって」
「私、知らないままに後ずさりをしちゃってたようで...悪かったかなあ」

「困ったなあ。ますます公にできないよ。どうしよう」


ところが、後日、とんでもない失敗をして僕たちの関係がバレてしまった。

...続く







  1. 2006/07/28(金) |
  2. 女性体験|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Glamorous Big Tits Part.1 HD

タイトル: Glamorous Big Tits Part.1 HD
出演者: 羽田未来 石原あすか 
ジャンル: AV'女優
抜き度: ★★★★
おっぱいは大きいほうがいい、いっぱいあればもっといい!日本中のおっぱい星人にささげる巨乳女優ばかりを集めたGlamorous & big tits Burstを配信!出演はもちろんおっぱいが魅力の女優4人、羽田未来、石原あすか、鏡桜子、みなもとみいなちゃん!どの女優もたわわにみのったぷるんぷるんのお乳でエロさ炸裂!さらに生ハメ・中出しで臨場感たっぷりのヌけるシーンを収録。極上の4人のおっぱいをたっぷりと堪能してください。Part1には羽田未来ちゃんと石原あすかちゃんが収録されています。お見逃しなく!
  1. 2006/07/28(金) |
  2. その他|
  3. トラックバック:1 |
  4. コメント:0

通路で逝かされる

ビジネスインロイヤルの小さな迷路からシアタールームへ入る直前の通路。
オレはすれ違いざまオジサンに腕を強く掴まれた。
うわっ!強引!
振りほどこうとしても離さない。
オジサンはニコっと微笑みながら迷路の中にある小さなベッドにオレを連れ込もうとする。
微笑みで心が軟化...そして根負け。

でもベッドに行くのは嫌だ。何をされるかわかったもんじゃないので、少し抵抗。
するとオジサンはオレの前にしゃがんでティムポを弄る。
腰に巻いたタオルが乱れティムポが剥き出しになった。
それを口に含みチュパチュパやり出すオジサン。

やがてタオルがハラリと床の上に落ちる。敢えて拾わない..というか気持ち良いし露出好きなオレにはピッタリ。

ここは通路...しかもちょっと明るめの場所。人も時々、チラ見をしながら通り過ぎる。
こんなところで全裸でフェラされているオレって一体...


「うぅ〜ぅんっ」

通路でやられているという興奮が更なる快感を呼び覚ます。
「ああっ!いくうっ....あぁあぁぁあっ〜」

あっというまの口内発射。
気持ち良かった。
オジサン、ありがとう。



  1. 2006/07/27(木) |
  2. 男性体験|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ニートギャルの淫欲マンコに中出し!HD 

タイトル: ニートギャルの淫欲マンコに中出し!HD 
出演者: ゆう
ジャンル: 素人
抜き度: ★★★★
生々しい息遣いが聞こえそうな素人ギャルのハメ撮り!けだるそうな今時のニートガール はゼブラ柄の激しい下着を着用してやってきた。派手な下着をはずすと、小麦色に焼かれた肌と、艶めかしく口をあけた陰部が顔を出す。しんとした室内にぴちゃぴちゃといやらしい音がひびき、いやらしい吐息が手にとるように聞こえる。 まあるいお尻をわしづかみにし、その陰部に生で肉棒を突き立てる。けだるい表情のナマイキそうなギャルが、気持ち良さそうに雌ブタの顔になる。淫欲なマンコには中出しで許してやろう。肉ヒダの間からザーメンがこぼれおちる。
この商品を見た人はこんな商品も見ています
  1. 2006/07/26(水) |
  2. その他|
  3. トラックバック:1 |
  4. コメント:0

顔面騎乗で窒息

騎乗位の体制って乳房がエロく揺れるので結構好きだ。
腰を前後だけでなく左右や上下に動かすと乳房がいろいろな揺れ方をする。
オレ的には上下の揺れが一番好きかな。

今日は顔面騎乗位をやってみたくなった。

「ユリ、もっと前に来て」
「えっ?これ以上前に来たら抜けちゃうよ」
「いいから、もっと前に」
と腰をぐぐっと手前に引っ張ると肉棒が膣からヌルっと抜け出た。

「ほら、抜けちゃった」
構わず
「もっと前においで」と口元を指指す。

「えっ、良いの? でも恥かしいな」と恥じらいを見せながらも
胸辺りまで前進してくるユリ。
「いいからお出で」

ユリはベッドの淵に摑まり体を支えながら、顔面騎乗位の体制になる。

「ホントに良いの?」
「ほら、腰を下げて」

ユリの濡れた性器がオレの唇に軽く触れる。
鼻先にあるユリの性器。良い匂いがする。
オレは舌でユリのクリトリスを強く嘗め回した。
「ああ〜ん。感じるぅ」

オレはユリに腰を前後に動かせと、腰に添えた手で合図する。
ユリは軽く腰を動かし始めた。

ユリは自分の性器がオレの目の前にさらされているという恥かしさから
より感じやすくなっているのだろう。
徐々に腰の動きが激しくなってきた。

「あぁ〜...あん,,,ぅん...」

激しい腰の動きによってユリの性器はオレの口元だけでなく鼻の辺りまで接触し、オレの口や鼻は壷蜜でねちょねちょになっている。

今や口だけでなく鼻も性器で塞がれてしまっているので、やがて息苦しくなるオレ。

ユリは性感が高まった状態で、頭が真っ白なんだろう...お構い無しに腰を動かし続ける。

ああ、苦しい..息が出来ない...でももうちょっと我慢しよう..
もう限界だあ、とユリに手で合図。

「あっ、ごめん。息、出来ないよね。」
「ふう、苦しかった。」とオレ。

顔面騎乗位は命がけです。(^^ゞ












  1. 2006/07/25(火) |
  2. 女性体験|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

お腹いっぱい

ユリとする時は、いつも生挿入。
コンドームはムードが無いし気持ちよくないから嫌いです。

両足を高く持ち上げ、ユリが「えっちゃん、やめてぇ、壊れるぅ〜っ」て叫ぶまで膣の奥にある子宮口をガッツン、ガッツンと突き上げると、やがてユリは絶頂を向かえシーツを強く掴みながらぐぐっと体を反らします。
「あぁ〜 いくぅ〜」
快楽の波が一通り過ぎると、ユリは決まって乾いた唇を舌でペロ、ペロっと舐めるんだけど、これがとてもエロくて良いんだよね。

生理直後なんかの安全日(いい加減だけど)は中出してます。
亀頭の先を子宮口に当てながら精液をドビュっ、ドビュっと発射している感じがなんか動物的というか生物的で生々しいんですよね。
中出しした後はチンポを挿入したまま抱擁するんですが満足感、征服感を伴ってとても気持ちが良いです。
終わったあと、ユリは下腹を手で押さえながら「あ〜、お腹いっぱいっ」って幸せそうな顔をして言うんですよ。男冥利につきます。

その後、トイレでアソコを綺麗にするんだけど精液が奥のほうまで入っているので、なかなか出てこない。
なので、直後に外出すると歩く時の動きで精液がタラァ〜と膣の奥から出てくるらしく、

「あ〜あ、出てきちゃったよ..気持ち悪いなあ」

ボクはそれを聞いて、何故か嬉しくなります。
  1. 2006/07/24(月) |
  2. 女性体験|
  3. トラックバック:1 |
  4. コメント:0

北欧館でヒリヒリ

屋上で今年初めての日光浴をした後、オレは、いつものようにシアタールームで寝そべっていた。



暫くして中肉中背筋肉質のオジサンがさりげなく隣のシートに腰掛けた。
弄られやすいようにオレは目を瞑る。
いきなり左乳首を揉まれ右乳首をベロ〜と嘗め回される。
そしてバスタオル越しにモノを擦るオジサン。

バスタオルを下側から、ゆっくりと焦らすようにめくられフクロが顕になる。
フクロをタマの感触を味わうように揉まれたあとはサオの付け根が顕になる。
陰毛が薄いので付け根は、はっきると見えているはずだ。
付け根を親指と人差し指、中指の3本で軽く摘まれ扱かれる。
肉棒が充血し、石のように硬くなっていく。

更にタオルを捲られサオ全体が顕になる。
モノは見られているという興奮でピクっ..ピクッといやらしく反応している。
タオルがすべて剥ぎ取られた。亀頭が顕になる。
「いいねえ」とオレの亀頭を舌でぬったり舐め回し感触を味わうオジサン。
「あぁ〜...ぃぃ」

オジサンはオレの肉棒を口に含みフェラを始めた。
モノは大量の唾液でぬるぬるになっている。
「ぁあ..ぅ...」
オジサンはオレの乳首を揉みながらフェラを続ける。

責めが変わった。
乳首の摘んで引っ張ったり、カリの根元辺りを噛んだりと、少しSMチックになってきた。
Mなオレは嬉しさで、喘ぎ声が大きくなっていく。
「うっ...ぅあっ...うぅっ!...」
オレが感じているのを悟ってオジサンはますますSな責めをしてくる。
乳首を噛んで引っ張ったり...亀頭を噛んだり....
これがまた痛いんだけど気持ちいい。

アナルを弄られ指を突っ込まれた。
痛いっ!かなり強引な突っ込みだ。
オジサンは挿入した指を奥のほうに推し進めグリグリする。
やがて2本の指が入ってきた。
かなりハードな責めだ。どちらかというと快感より痛みの方が大きい。

モノはもう一方の手で思い切り扱かれている...というより擦られている感じ。
早く逝けと言わんばかりのアナル&ペニスのダブル責めだが、痛いので快感が薄らいでいく。
何とかこの痛みを快楽物質の分泌により快楽に変化させようとするオレ。
といっても意識的にそんなことができるはずもないのだが。
(できたらスゴイよね)

オレが喘がなくなったのに気付いたオジサンがちょっと待ってとオレをリザーブしたまま何処かに消える。
??何処へ行ったのかな??

「!!」
冷たいものがオレの肉棒に!!
一瞬何が起こったのかと思って目を開けてもオジサンの頭や体が邪魔になって見えない。
次は乳首だ!「冷たいっ!」
見ると缶ビールだった。
オジサンはSプレイの小道具を用意してきたのだった。
缶ビール責めは初体験だ。
オレは缶ビールを体のあちこちに当てられながら扱かれ、擦られ、噛まれながら倒錯の世界に落ちていく。





「個室に行けへん? 大きくて硬いものをぶち込んで上げるよ?」
「ハードなのが好きなんやろ?」
オレがここでいいと言うと
「ここは明るいし、人に見られるやんか」
断っても断っても、ハードなプレイでオレを責めながら誘いを掛けてくるオジサン。
「綺麗な体してるねえ」
「肌がスベスベしてるやんか」
(すみません。ナル入ってるもんで、言われたままを書いちゃいました)
「なあ、個室に行こっ」

オレはノンケなんでその一線は越えられないんです...とは言えないので、どうしても断り方が中途半端になってしまう。

最後には「ごめんなさい」と謝って、許してもらったが実はプレイ途中でオレの体は変調をきたしていた。(大袈裟!)
実は日焼けで体中がヒロヒリしていたのと、おじさんのハードな責めでペニスの皮が赤剥け状態、且つアナルの内部がヒリヒリしていたのだ。

体も熱っぽくなってきたし、残念だけど今日はこれで帰るしかないなあ。
とうとうミサイルは発射出来ずじまいで帰路に着いたのでありました。

※個室でのSMプレイ体験記を期待されたかもしれませんがゴメンナサイ。





  1. 2006/07/23(日) |
  2. 男性体験|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
|      | 次のページ →
06 | 2006/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
close